フェアトレード・ツキイチ・マルシェ in TV TOWER 公式ブログ

〜地域と世界を、そして、今と未来をつなぐ〜 名古屋テレビ塔下で、毎月第一日曜日開催しています。

2015年02月

☆フェアトレード(公正な貿易)とは,途上国や弱い立場にある生産者に対して公平な条件での貿易を継続的に行い、経済的な自立を支援することで、貧困問題の解決や、文化・伝統、そして環境を守ることができる思いやりの貿易です☆


出店に関する詳細はこちらからご確認ください

明日3月1日のマルシェは中止させていただきます。

明日3月1日(日)のフェアトレードツキイチマルシェですが、
雨の確立が90%と、終日雨の予想のため、
大変申し訳ございませんが、中止とさせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

次回は4月5日(日)です。
皆様にお会いできるのを楽しみにしています。

3月1日(日)フェアトレードツキイチマルシェ開催します。

20150211_150310まだまだ寒い日が続きますが、
日差しは少し春めいて、
梅のつぼみも膨らんできていますね。

先日のもうひとつのチョコレート展では
愛知県内のいろいろなお店を巡回し、
たくさんのフェアトレードチョコレートを
紹介させていただきました。

会場に足をお運びいただいたお客様、
本当にありがとうございました。

写真は最後の14日バレンタインデーの会場の写真です。
今年のバレンタインはフェアトレードチョコレートを
選ばれたお客様も
多かったのではないでしょうか。

中日、朝日新聞でも取り上げていただきました。
ありがとうございました。


さて、3月1日(日)のツキイチマルシェの出店者を紹介します。
物販が10店舗、飲食がジビエ料理も参加の3店舗です。
普段はなかなか手に入らない逸品が並びますよ。どうぞお楽しみに・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・20150104_104028

<アテンドリエ ペジーブル>
ギニアから100%未精製のシアバターを、
セネガルからココナッツ配合シアバターを、
聴覚障害者支援施設つくしのシアバター石鹸と
リップをお届けします。

<名古屋をフェアトレードタウンにしよう会>
食料品、雑貨など、幅広いフェアトレード産品を
取り揃えてお待ちしています。

<花甚・沙生事業部>

土の健康から考えるオーガニックフラワーの研究・交流を
すすめています。
季節の切花、花・野菜・ハーブの苗、種あります。
元気な土で元気なお花ぱ楽しいワークショップも随時開催予定。 

<ASIAN MONKEY>
カンボジアの首都プノンペンのスラムで暮らすお母さんたちに
ミシンの勉強が出来る職業訓練場を提供しています。
そこで作った製品を日本で販売しお母さんたちに給料を支払い、
自立した生活ができるように支援している団体です。

P1000160<Biga>
西アフリカのブルキナファソより届く、手編のバ
スケットやオーガニックシアバターを日本の皆
様に紹介いたします。

<エシカルぺネロープ>
貧困・紛争・災害などで困っている世界の人々の問題を、
身近なファッションで解決することを目指します。
誰も傷つけない方法で
生産されるファッションで、作る人も売る人も買う人も
みんなが幸せであるように、
他人や自然やすべての命を思いやり、
支え合い、つながっているという“おもいやり”の美意識“
エシカル・ファッション”を提案しています。
人気のカンボジア産シルク玉ネックレスや、
ピープルツリーの春物の洋服も入荷しています。


<自然食マルシェ>
オリーブオイルとオーガニック食品のセレクトショップです。


<幼い難民を考える会  あいち>
カンボジア女性の経済的自立支援のため、カンボジア伝統織物の復元と技術習得を行っています。
カンボジアでは女性が現金収入を得る機会が多くありません。
織物技術を習得してその工賃で生活ができるよう支援しています。
カンボジアの織物製品を買っていただくことが、支援の継続につながります。

<オーハッピーデイ>
ココロと体と自然の調和を提案するライフデザインのセレクトショップ,
「私らしく生きる」ための「暮らしのトータルデザイナー」です。
当日はお茶類を中心に販売します。
(ぎふ・春日の農薬不
使用の煎茶,焙じ茶,粉末緑茶)

<クラタペッパー>

カンボジアで伝統的な無農薬の農法で生産したオーガニックペッ
パーの商品を紹介します。
20140706_105732
以下3店舗はフードです。
池の北側にテントや移動販売車で販売します。


<めぐみえん>
持続可能な農業にとりくんでいる、
自然栽培の農家さんから、野菜を仕入れて販売します。
自然栽培の野菜は、色合いが良くて腐りに
くく、硝酸態窒素が少なく、栄養価が高いのが特料です。
ただし大量生産ができないため
一流レストランなどでしか口にできません。
めぐみえんでは一般の人でも食べれるように
複数の農家さんから直接仕入れて販売します。

<タコヤキ八丁>
ジビエの肉を使ったたこ焼き販売するなど、
地元食材に拘って商品開発を行っています。
生地のつなぎに宇宙芋を使い、独自の食感を出しています。
フィンガーフードとして販売しています。

20140105_105939<ボランティアネイバーズ>
(ジビエ料理移動販売車、「じびえもん」)
愛知県から「愛知産ジビエ消費拡大事業」の企画・運営を受託して、
獣害対策の一環として愛知産ジビエの普及に努めています。
今回は、三河で捕獲された猪と鹿肉をソーセージに加工して、
一般市民の皆様に愛知産ジビエを知っていただくとともに、ご理解いただ
きたいと考えています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

マルシェ開催時間は10時から4時、
テレビ塔下で、皆様のお越しをお待ちしています。

記事検索